2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.21 (Thu)

伊勢紀行 その2




前回の続きです。

年末は結構 ドタバタしましたが

年始も 同じく ドタバタしました (笑)



なので せっかく 伊勢にいる事ですし、

伊勢神宮に 行ってみることにしました。


朝7時 起床 

歳を とるごとに休みの日でも どんどん 起きる時間が

早くなってきてる気が します。

規則正しい生活 

うーん 良いですね。



そそくさと 支度を すませ 

ビュッっと ホテルから 出発。



まだまだ チェックアウトの 時間には 程遠い為

ロビーには フロント嬢しか いてなく

おはようございます と 挨拶だけ 済ませる。


んで 一路 伊勢市内まで

着くと 年が明けて 一週間経つにも かかわらず

年配の方々が 大フィーバー!!

いや 年配だから 暇なのか。


おかげ横丁も 大盛況。


大晦日は もっと 凄い事なるらしいですが

想像したくないです。


2010010601.jpg


んで 今年この 橋を かけなおした みたいで

綺麗でした。


この日も 寒かったのですが

この寒さも 適度な 緊張感と いうか

なんか 伊勢神宮自体が ピーンと 空気が 張り詰めたような感じ

がして 気持ちよかったです。

2010010604.jpg


お賽銭箱に 向かう階段で 一枚 パチリ。


もちろん

いっぱい お祈りしてきました。


今年も いっぱい 笑顔が 見れますように。
  

2010010603.jpg


帰り道に 野良馬が いたので 

これまた パチリ。


野良馬ゆーたら バチが当たりそうなので 訂正しておきます。

神馬らしいです。

行事が ある毎に ハッスルされてる模様



初めて行った お伊勢さん参りでしたが。

一日 ゆっくりできたと いうか

なんか 気持ちの良い 一日でした。








その3に 続く

スポンサーサイト
21:48  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.08.27 (Thu)

境港~大山



2009081901.jpg


 続きです!

翌日 本日も 気持ち良い天気でした。

チャリを借りて 境港まで 魚を見に行ってきました


ここの市場は 地元の人が多いらしく 値段も他のところに 比べて

リーズナブル


2009081902.jpg




 港に ついたのが 11時ぐらいだったので

 もう 魚とか 並んでないのかなー?

 と 思いながら 入ったら 結構 お魚さんが 並んでました。

 
 この時期に めっちゃ カニを進めてくる オバちゃんが いてたので

 軽く 平手打ちで 殴り倒してきました。


 お目当てに ノドグロの干物を ゲッツです。

 そのほかにも 鯵や鯖 烏賊など おいしそうだな~ と 思ったものを

 チョイスして 時間もなかったので さっさと 市場を後にしました

 
 さぁ ここから 有名な 大山です。

 もちろん 移動は 行きに乗ってきた 鬼太郎列車

 天井も こんな事なってたのね

 2009081809.jpg



 ガタンゴトン と 揺られて 米子駅に

 そこから バスに 乗り

 大山を目指します。

 
 時間帯も アレだったのか 大山行きのバスに乗ったのは ボク一人

 運転手さんと 話してみようと思い 話しかけると

 イカツい目の 見た目とは 裏腹に よく しゃべる人で

 色々教えてもらい ありがたかったです。


 いろんな人と 気兼ねなく絡めるのも 一人旅の 醍醐味といったところなんでしょうか

 
 この日の大山は あいにく ガスが出て てっぺんまで 見えず

 う~ん 残念

  と 思って 着いた 牧場で ソフトクリームをなめていると

 2009081904.jpg


 
 
 さっきまで 曇っていた 頂上付近が 晴れて 来てるじゃあーりませんか

 



2009081905.jpg


 2009081906.jpg


 その後は芝生の上で 寝転んで ゴロゴロして 本を 読んで ウトウトしてました

 大山は やっぱり 綺麗でした。

  



 今回は 初めての独行でしたが 
 
 意外に 一人でも 楽しめると いう事を再発見しました。

 

 たまには 一人のこんな時間も ホンマ 必要なんだなぁと 

 実感した 旅




 ただ この生活 続けてると お金が いい加減尽きてくるなぁと

 実感した 旅でした。

 
 もちろん 大満足の旅です。

 
 また 時間とお金があったら 一人で 行きたいなぁと おもいました。




 
01:48  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.08.22 (Sat)

米子~境港



2009082001.jpg


やってきました 米子駅!

列車に揺られ 結構かかりました。

友人との待ち合わせの時間まで 結構 時間があったので

近くに温泉があることは 事前に 調べていましたので



『よし! こんな時こそ 普段歩いていないので

歩きでいってみよう!』



行ってきました。


ただ 道を間違えてしまい 

思わぬ遠回りを してしまうハメになりました。

おかげで 温泉に 入る頃には もう ぶっ倒れそうになってました

しかし この疲れた後の 温泉が もう ホンマ サイコーに気持ちよかったです!



ゆっくり温泉に つかった後は 隣接してた 料理屋で メシ

腹減ってたから これも もうサイコーに旨かったです!


帰りも 歩こうかと 一瞬思いましたが

さすがに 米子駅までの 帰り道は バスに揺られて帰りました


米子~境港間の 列車ですが 

この路線も 鳥取~米子間に 負けず劣らずの 男の一両列車!

勿論 ドアも 自分で押して 開けます


このシステムって 鳥取の 中学生とか 将来 都会に出て行った時

結構 衝撃なんじゃ ないでしょうか

『わー ボタン押さなくても開けてくれるんだー』

と 口には出さなくても 心の中では 思うんじゃないでしょうか

2009081907.jpg



優先座席にも かわいらしい柄が!

いや 俺が知らないだけで 最近は 全部こんな柄がついてるのか?


境港と いえば もちろん新鮮な 魚も有名ですが

こんなのも 有名ですよね?

2009081909.jpg


そう ゲゲゲの鬼太郎 水木しげる博物館が ありますね!


列車も ゲゲゲ使用になってました。

他にも 鬼太郎 ねずみ男 等があるそうです。




駅に着くと まさしく田舎って 感じで 真っ暗で 

街頭もなし という

なんとも 軽装なボクにとっては 辛いところでした。

なんとか 歩いて コンビニらしきモノが あったので 

そこで 時間を潰しました



その日は あまりにも 疲れたので 友人に大山の 説明を 受けて

そのまま 就寝












続く 
19:48  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.08.21 (Fri)

鳥取~砂丘

 

早朝5時に 自宅を出る。


南海高野線に乗って 難波まで

難波に着くと 6時半

地下道を トコトコと JR難波駅までの 道を 歩く 

歩く 歩く

時間も 早いのもあってか 人も まばら

JR難波駅 高速バスターミナルで チケットを買い

7時発の バスで 鳥取へ









そして10時過ぎに 到着!

さー どうしようかなー と 考えていると

目に入ってきたのが 唐獅子バス!

鳥取市って 唐獅子が 有名らしく 

あー こんな アピールしてるんだったら 一回乗ってみようかということになり
(ちょうど 砂丘も回るコースに入っていたので)

2009081807.jpg


乗り込みました

普段は お客さんが 一人だけという時もあるらしいですが

私の時は 座席は 満タンで 立ってるお客さんもいてるぐらいでした!

2009081801.jpg


っていっても 座席数も少なかったんですけどね

途中 バス内に ちっさい テレビが設置されており その 名所 名所を 通過するごとに

アナウンスが 流れ 説明してくれてました。

鳥取は 砂丘と 梨 意外に 興味がなかった為 色々説明してましたが

全く頭には 入ってきませんでした






2009081802.jpg


2009081804.jpg



2009081805.jpg


鳥取砂丘

初めて行ったんですが

思ったより 感動しませんでした


ただ

暑かったのだけ 覚えてます。

家族連れが 多かったのは 勿論のこと

カップル 大学のサークル系の子達

黄色い声が 飛び交ってました

2009081803.jpg

途中で 歩くのが めんどくさくなり

馬車があったので  よし アレに乗って行こうと

思いましたが 一人千円と いう 法外な ボッタクリ値段のため

断念しました。

一人千円という単語を 爽やかに説明する オバハンに

少しイラッと きたので 地獄突きを おみまいしてやりました。

 

一通り 海岸近くまで 砂山を越えて 行って

帰りに 人だかりが

ん?なんだ?と 覗き込んでみると

アフロの後姿が しかも コンビで!

お! あの 吉本のお笑いのヤツらか?


2009081806.jpg


パパイヤ鈴木と 中西なんとか さんでした

テレビで見るより 身体が しまって いて なんか 意外でした。

 


あまりの暑さに 次のバスが来るまで 近くの売店の日陰で 座り込んでました。

しかも あんま バスの本数が ないらしく

同じようにまってる 一人旅の 暗そうな 人達の姿が 目立ちました

ボクは 内心 

うわー 一人で 気持ち悪いなー と 思っていましたが

自分も 間違いなく 一人なので 

その人達と なんら 変わりは ないなと 思いました。






砂丘から 駅まで 戻り

今度は 米子駅まで 直行です!


しかし 運悪く 米子行きの電車は ついさっき出てしまったとの事

次の電車の時間を聞くと

一時間半待ちだそうで

んー どうしようかと 悩んでいると 駅員のチャンネーが

倉吉行きなら あと 30分で ありますよ と 言ってくれ

倉吉って どこなのか 全く 分からなかったので 

倉吉って どこですか? と 聞いてみたところ

なんでも 米子に 行くまでの 途中の駅だそうで 

じゃぁ とりあえず 途中まで 行ってみるかー

って ことで 倉吉行きに 乗車

2009081808.jpg


鳥取の電車に 乗って 初体験だったのが 電車のドアを 自分でボタンで開けないと

いけないって 所でした 最初 ドアが 閉まってるので 

あー コレって 時間近くにならないと 開かないのかなー

と思って 待っていると トコトコ歩いてきた おばあちゃんが ドアの横にある

非常の時に開けるボタンだと ボクは思い込んでた ボタンを

押し プシューと あけて 普通に入っていったので

ああ 鳥取って そうゆう システムになってるのかーと

ボクも 真似をして 入ってみました




この鳥取~米子間の 路線でしが 

非常に まったり しており 各駅ごとに 止まり

ゆ~っくり ゆ~っくり 米子に向けて 進んでいる感じ

結局 電車の中で 本を 読んだり ウトウトしたりと

3時間半くらいかな? 高速バスの時も そうでしたが 

こんなに 長時間 移動手段にのって ゆっくり出来た時間も

あんま 経験がないので  のんびりできて 良かったです!

続きは また 後日書きます!


10:48  |   |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2009.08.20 (Thu)

旅行

ただいま かえって参りました!

気持ちの良い 疲労感!

疲れたんで 今日は寝ます

ぐっない!
21:50  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。